Welcome To Our Home Pages!

Go Buck to Index Page!

詳しいアクセスは
ここをクリック!



自転車を始めた方へのシマノからの提言集を、クリックしてご覧くださいね?!
vol.1 初めての『サイクリングシューズ&ペダル』
vol.2 初めての『サイクリングウェア』
vol.3 初めての『自転車メンテナンス』
vol.4 初めての『ロングライド』
vol.5 初めての『スポーツ自転車』
vol.6 初めてのカンタン『アップグレード』
vol.7 初めての『スポーツ自転車 通勤&通学』


サイクリングダイエットを成功させるための7箇条

 1、健康的に、体を作り直すには!段階を踏んだ練習を方法が必要。
 2、今までの、生活環境に一旦線を引いて、体を動かすリズムを考える。
 3、苦しくないけど!楽しんで、体を動かすこと。
 4、体を動かして、お腹がすいた分食事を増やさない。
 5、練習後の疲労を残さないための、体のケアーが必要である。
 6、体を動かさずに、ダイエットが成功する確率は、ゼロである。
 7、循環器系(特に心臓)、内臓器系(すい臓、肝臓)、左右の視力検査の受診も視野に。



<<アビィワン流!始める前のヘルスチェック!!>>

自転車を利用して、体を動かすには受診が必要??

 1、循環器系、特に昔し激しい運動をしていて、就職・ご結婚などで長らく運動を止めた方は、心臓や他の内臓に大きな負担がかかった前歴と、運動を止めたことに
  よる障害が出ることがある。  特に、不整脈や心臓肥大と診断されたことのある方は、要注意!!

  ぼくも以前、心房細動という病気で、運動能力が著しく低下した経験があります。
  通常心房の内径は40mm前後ですが、54mmまで肥大しておりました。結果、心筋への信号がうまく伝わらないため、1分間に400回もの痙攣になって血流量が
  少なかったのです。

 2、他に、高脂血症、痛風など、血糖値やドロドロ血が気になる生活習慣病が気になる人は、運動による血流量の増大で、心筋梗塞・脳血栓の危険度も上がります。
  ○糖尿病と診断されてなくても過度な運動のため、低血糖状態や低酸素状態になる可能性もあります。甘い物も有効ですが!アーモンドなどナッツ類、梅干おにぎ
   りなども、有効です。
  ○汗などで、急激に体内の水分が少なくなると、血栓ができ!運動中の早い血流に乗り、深刻な状態になることもあるので!水分補給はこまめに、喉が渇く前に行っ
   て下さい。

 3、自転車に乗ると!広い視野が必要になります。左右の視力差が大きいと、見てる!見えてるつもりでも、本当は見えてない部分がある可能性があり、歩くよりスピー
   ドの出る自転車は、   危険の度合が大きくなります。

 4、今まで、あまり運動らしい運動を!したことのない人は、急に!早く走ったり!重いものを待ったり!できないのと、一緒で!始めるスポーツのための筋肉を、徐々に
   付けて行って習熟度を確かめながら!スポーツの世界を広げて行ってください。

  a、スポーツジムには、トレーナが居りますが!自転車を購入されただけで、トレーナーなしで挑むことで、体を壊すことも充分考えられます。お医者さんで、運動強度テ
    ストを受診し ご自分に合った運動量から、始めましょう!!

 5、身体が、疲れてからではなく!始める前に、スタートオイル!スポーツ中に、暖めて老廃物を流しやすくするバルムホットオイルなどを利用し、快適なスポーツをしよう!
   運動後は、筋肉の緊張を和らげ!翌日に疲れを残さぬように、リカバーオイルでマッサージするようにしましょう!!


<<始める前に乗車姿勢を、イメージしましょう!!>>


自転車を利用して、体を動かすには?姿勢が大切!!

1、自転車上での重心は、始め!腕3:腰7、ペダルを!きちんと踏めるようになると、お尻の痛みは無くなる。習熟度によって、腕2:腰8の重心になるようにシフトしていく。

2、腕は、伸ばし気味にして!背中の筋肉を伸ばす姿勢にする。悪路で振動が気になるようなら、肘を少し曲げて振動を吸収しよう。

3、背中も、伸ばすようにして!肩に力が入り過ぎない姿勢にする。ペダルを踏み込むタイミングに合わせて、ハンドルを引き付けるようにすると、手が痛くならない。

4、背筋ともに、腹筋も上体を支える形になるので!太ももを、お腹に付けるようなイメージをしながら!足を引き上げると、下腹を引っ込める効果がある筋肉を作れる。

5、ヒップアップに、有効なペダリングは!上支点を12時とし、踏み込む方向を1時として、1時から5時まで踏み込むのではなく、5時から7時迄ペダルを後ろに蹴るイメー
  ジ  でペダリングしよう。  また、骨盤を立てるようなポジションにすることにより!太ももがより動かしやすく滑らかなペダリングが、できる。

6、太ももの筋肉は、体の中でも!脂肪を一番燃焼させる大きな筋肉なので、軽めのペダリングで速い動きをさせる。この時、ペダルが軽く踏めるギヤーを、選択する。

7、ペダリングは!つま先・踵・膝頭・太ももの付け根の中心が、同一線上で動くイメージで、左右の足が常に平行であることを確認して行うと、関節や筋肉を痛めない。

8、ペダルの回転数を増やして、脂肪燃焼を増大させる!5、6の項目が、できたら!より軽いギヤーで!より早く、ペダルを回転させることによって!血流を促進し心臓
  の動きを助けながら、  老廃物を流す効果が増大して筋肉の疲れを!最小限度に抑えながら、脂肪を燃焼させられる。

9、脂肪を燃焼させ、動かせる筋肉にして行くには、60分前後!息が苦しくならない程度の有酸素運動を、2日おきか?週3日!疲れを溜めないタイミングで行う。

10、慣れろ!よりも!!慣れ方が、大切。悪いフォームでは、疲れやすく!筋バランスを崩してしまうので、1、2、3、を、フォームに生かしているか?検証しながら!
  走行距離よりも、4、5、6、7、の内容を元に!自転車の上でイメージ・トレーニングしよう。

ここまで、できたら!先ずは成功まちがいなし!!

他にも注意点が有りますので、ご来店いただければお話しできます!!



<<隠れ!ポイントのご紹介!!>>

○苦しくなく!楽しんで、体を動かすには!!


 1、補給!ダイエットに固守するあまり!水分や、燃料の補給を!おろそかにすると、上手に筋
   肉を、動かすとこができず!疲れだけが残り、逆効果だ。
   体浸透性の高いスポーツドリンク!筋肉を動かすためのミネラルは、アーモンドなどナッツ類
   が、有効だ。

 2、運動を行うと、筋肉が付きます。重いペダリングだと、ボディービルダーのように!軽いペダリ
   ングだと、ゴツゴツしてない しなやかな筋肉が付きます。
   最近、女性に!大人気となっている、ボクシングジムで行われている!"ボクスサイズ”を、
   イメージしてもらえると、ご理解いただけると思います。


○ゆっくり!ステップを、進んで行こう!!






年中!いつでも!この気分! サイクリング ピープル! かっも〜ん?!
With BEER!!

このコーナーの企画・運営は、です!Go Buck to Index Page!